引っ越して一年

引っ越して一年

引っ越して一年になります。あっという間でした…

去年はコロナウイルスの影響もあり、様々なことがあった一年でした。

https://yuriarimura.com/category/life/moving/

カーテンもない状態からの引っ越し。コロナウイルスの影響で自分の仕事の業態も完全にオンラインに変化し、彼女も職場が変わった。私も翻訳をやめました。

何もない状態から、とりあえず生活できる最低限のものを揃えて、そこから少しずつ暮らしやすいものに変更していきました。

引っ越して一年、それほど前進したように思えなかったのですが、ブログを見直すと随分いろんな事やってますね。

とにかく環境の変化に対応するのに精一杯でしたね。今までのやり方がうまくいかなくなったことや、新たな試みをしたり、ちょっと無理しすぎました…

引っ越して、一年が過ぎたのでいろいろなことを変えてみます。

結婚することにした

引っ越して一年も過ぎましたし、籍を入れることにしました。

生活が落ち着いたらと思っていたんですが、多分この先も当面落ち着くことはない。それなら環境整うまで待ってるより、とりあえず見切り発車してみることにしました。

引っ越しも見切り発車だったし、こういうことは勢いでやったほうがいいなと。

結婚することで、自分の名字を変えることにしました。自分の名前に愛着があるわけではないですし、彼女のほうが名字を変えることにデメリットが多い。

自分が名字を変えることで、いろいろ見えてくることもあるでしょうし。

自分のように商売やってる人間が姓を変えるといろいろ面倒なこともあると思いますが、それもまたいい経験。

記録を残しておけば、誰かの役に立つかもしれませんしね。

引っ越してわかったこと

移動がめちゃくちゃに多い生活から、極端に移動が少ない生活になりました。去年も家が職場でもあったのですが、広い家から小さなマンションに変わったことでいろいろ対応する必要があった。

引っ越しはいっぱいしてきたんですけど、毎回条件が違うのでなにか発見ありますね。一人ならもっとシンプルなんですけど。

以下に気づいたことを書いてきます。次に引っ越すときの基準にもなるでしょうし。

  • コンセントが少ない(食洗機の配置が大変だった)
  • 風呂の位置が変(寝室に付いている)
  • 洗面台の位置が変(寝室に付いている)
  • 洗濯機の位置が変(キッチンに付いている)
  • 仕事部屋は小さくてもいいから必要
  • 押し入れではなくてクローゼットが便利
  • ベッドはシングル2つでなくても良かった
  • スマートホームは便利かもしれないが、外にそれほど出ないので必要ない
  • コンロは3口ほしい
  • 窓からの景色
  • ベランダは広いといい
  • 駅や商店街が近いのは便利
  • ジムが近いのも便利
  • 飲み食いができる店がたくさんあると気分転換しやすい
  • 冷蔵庫は大きいものがいい
  • 洗濯機はドラム式のほうがやっぱり便利

多くの問題が、間取りの問題です。それと、コロナウイルスでいろいろ生活が変わったことですかね。間取りに関しては古いマンションを無理やりリノベーションしてあるのが原因ですね。

コンセントが少ない


家事導線がめちゃくちゃで、工夫しても限界がある。
コンセントの数が少ないので困りました…

テレビはまあ、寝室においたから良かったんですが、調理器具なんか、コンセントが足りなくて困ってます。食洗機なんか延長コードでつないでいるので危ないことこの上ないです…

風呂の位置が変、洗面台の位置が変


風呂の位置が変というのはわかりにくいですかね。
何を言ってるかよくわからないと思いますけど、私も書いてて意味不明です…

浴室が寝室に付いてるんですよね。
まあ、入居前に変だろうとは思ったけど、まあいいやと思ったらそんなことは全然なかったです…

彼女は夜勤もあったし、私は一日に仮眠を何度かとらないとまともに生活できない。どちらかが寝ているときに風呂に入ったり、洗面することができないのはやっぱり問題ありですね。

洗濯機の位置が変


洗濯機がキッチンにあります…

まあ、いいやと思ったんですが、全然良くないですね…

普通だと風呂とくっついているので洗濯物を干すにも手間にならない。

場所が変だと大変です。例えば、リビングで仕事していて、ミーティングあったりすると洗濯機も食洗機も回せないですよね。

住まないとわからないもんですね…

いや、普通はわかるのか…

仕事部屋は小さくてもいいから必要


やっぱり小さくても仕事部屋は必要ですね。

ミーティングなんかで生活音が入ることもそうですが、ちゃんとモニターできないのもきつかった。ヘッドフォン頼みのミックスは疲労感も大きい。

リビングで防音はできないけど、一部屋あれば簡易的な防音ならできるでしょうし。

ギターのレコーディングが多かったし、楽器ならMIDIのレコーディングが多いからいけるかと思いましたが、そうではなかった。

チュートリアル動画や教える仕事で動画を今まで以上に撮ることになったので、生活音が入ると無理と言わないまでも、きつい。もっと静かな環境が必要ですね。

自分の集中力があって、静かな時間を選ぶ必要があるというのはなかなか厳しい。

少なくとも部屋が静かなら自分の集中力がある時間という条件を満たせば良くなりますしね。

彼女の勤務形態が毎日同じ時間に帰宅という形ではないので、更に調整が難しかった。

毎週休みが変わるのは思った以上に考えることが多くて疲れる。前日に弁当の準備、買い物など家事のルーチンも変わるので消耗しました。

こういう勤務形態が変えられないなら他を変えるしかないですね。となるとやっぱり部屋かなあ。

仕事部屋がないことのデメリットは他にもありました。彼女が帰宅して私が仕事している時、静かにしていなければいけなかったり、思った以上にいろいろ不都合がありました。

クローゼットがあると便利


あとは押し入れではなくクローゼット。服はかなり処分したものの、コートだったりしまうのも大変でした。楽器類なんかをしまうにも押入れよりクローゼットのほうが便利ですしね。

棚や窓のサイズも一般的なものではなかったので、うまくいかないことが多かった。

ベッドはシングル2つでなくても良かった

彼女は寝たら起きないですからね。そしてシングルベッド2つで、物理的にシングルベッドとシングルベッドの間に隙間があります…

そして冬だとベットの間に物理的に隙間風も吹いています…

彼女はテレビを見ながら寝ることが多いので、変な姿勢で寝ている。シングルベッド2つを置こうとすると、配置上いろいろ問題がおこることもわかった。彼女がテレビ見るのに楽な姿勢を取るとベッドとベッドを横断するような変な形になるんですね。何がなんだかわからないと思いますが…

変な姿勢で寝ていると私も眠りにくい。シングルベッド2つじゃなくてセミダブルに変えたらソファーはおけるでしょうし。スペースも広くなりますね。

これは引っ越さなくても改善できるので、ベッドに求める条件を考えてみます。彼女はコアラマットレスが気になってるみたいです。本当にワインはこぼれないんだろうか…

スマートホームは便利かもしれないが、外にそれほど出ないので必要ない

まあ、そのまんまですね。

全部スマートホーム化してやろうと意気込んでいたんですが、家から出るのは買い物と、トレーニングくらい。

エアコンなんかも、Wifiでコントロールできるやつなんですが、基本的に夏や冬はつけっぱなし。アレクサのタイマーくらいですかね今、活用してるの。

照明はちょっとやってもいいかもしれないですが、優先度は思ったより下がりました。まあ、また出歩くことが増えたらちょっと変わるかもしれないですけれど。

コンロは3口ほしい

コンロは3口ないと、一日3食+弁当を作るのはきついです…
特に夜に弁当の仕込みをするのはやめたので、朝は大変。

米を土鍋で炊いてるので、使えるガスコンロが1つとなると発狂しそうです…

created by Rinker
ヤマキイカイ(Yamakiikai)
¥7,597 (2021/09/18 12:32:28時点 Amazon調べ-詳細)

一つのガスコンロが埋まっている中で、朝食の準備をして、お弁当も作る。弁当と朝食をかぶらないようにしようとすると、フライパンや鍋を洗ったりする必要も出てくる。

コンロが一口増えるだけでも朝の大変さは減らせる。

もともと夜型で朝は本当に具合が悪くて死にそうなのもあるので、ここは改善したいですね。

ちょっとでも楽したい。キッチンも狭いので、もっと広いキッチンのほうがいいということなんだろうな。収納も機能的ではないし。

窓からの景色

窓からの景色が良いと嬉しいですね。出歩くことが少なくなって、ちょっと外の景色眺めながら飲んだりできたら気分も変わりますし。一日中買い物以外部屋に籠もりきりなので、景色がいいと息苦しくないかもしれない。

ベランダは広いといい

窓からの景色がいいというのは彼女の要望でもあるんですけど、ベランダが広いといいですね。

こっちは彼女の要望です。ベランダで飲めたらいいなと。君、飲み食いのことばっかりだよね…

ベランダがちょっとあると、ハーブ植えたりするのも楽しいでしょうね。七輪も導入できるかもしれないと夢が広がりますね…

駅や商店街が近いのは便利

本当にこれは助かった。
ここに住むことを決めた最大の理由でもあるんですけど、買い物がだいぶ楽です。

仕事の合間15分で買い物して帰ってこれなかったらとても今年は乗り切れなかった。

11月くらいからずっと疲労の限界で体調悪かったんですけど、なんとか乗り切れたのは近場で買い物できたから。

徒歩1分でスーパーだと食材を無駄にすることもないですし、地域に根ざした商店街で買い物するのは面白かったです。

乾物屋なんか覗いてみていろいろ発見がありました。

今度も引っ越すところは駅や商店街が近いのところにしたいですね。

今のところは彼女も通勤時間15分ですし。可処分時間を買ったことになる。ここに引っ越してよかったと思えるところですね。

また私が移動が多い生活になったとしても駅から近いなら楽ですしね。

うちから近いところにスタジオもあるので、演奏だけならそこで録音しても良かったんですけど、コロナで閉まってたからな…

場所の恩恵は思っていた以上に大きいですね。コンビニも徒歩1分。外に冷蔵庫持ってるようなものです。

ジムが近いのも便利

家でトレーニングしてるのも良かったんですが、気分転換も兼ねてジムに入りました。

徒歩1分。徒歩1分だと感覚的にほぼプライベートジムですね。この場所ならではです。

24時間やってるところなので、早朝や深夜眠れないときに体を動かしたりするのに使えるのはやっぱり便利です。

ジムに行くのがだるくても、徒歩1分なら気が向いた瞬間にいけますものね。立地は大きいです。

飲み食いができる店がたくさんあると気分転換しやすい

街の中心部に住むメリットですね。

家で煮詰まったときに、ちょっと外で食べたり飲んだりできるのは良かったです。

歩いていろんな店にいけるのはいい。車に乗ったり、電車に乗ったりするとなると億劫。今度引っ越すとしてもやっぱり街の中心部ですね。

家事に疲れたときは、外食して気分転換できたのは良かったです。緊急事態宣言後は店も開いてないしあんまりメリットを享受できなかったですね…

冷蔵庫は大きいものがいい

これは今でも変えられるやつですね…

冷蔵庫に入り切らない野菜なんかは腐らないように管理するのは大変だった。

11月くらいから疲労もあって体調が限界だったときは、徒歩1分のところにスーパーがあっても買い物はきつかった。

コンビニやスーパーが近いのは外に大きな冷蔵庫を持つようなものだと考えていたんですが、それですらしんどかった。

食事を作ることは好きですけど、疲れているときはただただ苦痛でした。
毎日仕事と家事しかできないとなるとすり減りますね…

もうちょっとうまくできると思っていたんですけど、そんなことはなかったです…

冷蔵庫が大きければ、体調がいいときにまとめて調理しておいたり、食材まとめ買いしておいても逃れられる。

どれくらいの容量があればいいのか、求める機能さえわかればいいので、考えて買います…

洗濯機はドラム式のほうがやっぱり便利

初めは基本的に家事は全部私がやってたんですが、途中に彼女にもやってもらうようになりました。

ちょっとは楽になったんですが、やっぱりドラム式のほうが便利です。干す手間もムダですしね…

アレルギーが酷いので、外に洗濯物を干したら血圧が下がる。熱っぽくなる。一年中抗アレルギー剤飲んでるんですけど、これも改善できるよなあ。

家の間取りが変だから、これも設置が難しいと思って二の足を踏んでいたんですが、電気屋に問い合わせればいいか。

まとめ

やっぱり、実際に住んでみないとわからないことばっかりですね。

私と彼女の生活リズムは全く違うから、体力的にはものすごく厳しかった。体力的に厳しいと精神面も厳しくなる。

今年は本当にしんどかったです。仕事でいろいろあったことも大きいんですけど。

睡眠もひどかった。仕事と家事の負担も本当に大きくて、自分でできるだろうと思っていた以上に難しかったです。自己評価が高すぎましたね。ボンクラなんだから、自分を知らないと…

家事は苦手でもないし、得意な方だと思うのですが、生活リズムが一定でない場合は考慮しなくてはならないことがとにかく多くて消耗しました。

体力はどんどん落ちていってるのだから、もっとうまく考える必要があります。

半隠居って賢く老いること、うまく思考を節約することだと思ってるんですが、自分を効率化することで対応しようとしたことが失敗だったように思います。

そうじゃなくて、そもそもやらないことをもっと考えるべきだった。

家事に関しても、この時間にこれをやらなくてはいけないと言うものが多いと難易度が上がるのを痛感しました。

性格的にすべてがコントロールされてないと嫌なのもストレスをためたんでしょうね。

ま、でもどこが駄目なのかわかれば改善はできるはず。伸びしろたくさんとも言えます。物は言いようやな…

一年間生活したことで、パターン化できたところも増えたし、街も大分知った。

立地は大きいだろうと引越し前に考えてきたし、今までもそれで恩恵はたくさんあった。経験が生きたところですね。2年目はもうちょっと無理がない暮らしをしたいですね。

変えられないところは仕方ないけど、まだまだできることはある。時短になるものは自分が求めてる条件をさっさと考えて購入すればいい。問題なのは自分が思っていた以上に消耗してしまったこと。

落ち着いて考えたらできることも頭が働かないくらい消耗してしまった。仕事、生活でももっと楽なやり方はあるはず。週次レビューは出来てるけど、ブログを書く気力がないときは頭が働いてないということなので、これもちょっと指標にしましょうかね。

自分で、ちょっといろんなことのハードルを上げてるところがあるなと思いました。ボンクラなのに自己評価が高くてもしんどくなるだけなんだから、もっと自分を知らないといかんなと思いました。

ゆるゆる生きたいものです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

猫とカバと音楽が好き。 ネットと日本の片隅で生きてます。